カテゴリー : イベント
2017.10.28 16:06

夢さん橋で桧の板を買っていただいたOさんが来社されました。

ご依頼通りに加工して、脚をつけてお渡ししました。

当社の地下作業場でご自分でオイル系の塗装をされてから持ち帰えられました。

早速ご自宅で設置。ワインセラーに片方をのせてワインコーナーのカウンターとなりました。部屋に馴染んでいる感じです。

ご自分でもワークされて大変気にいっていると写真付きで感想をいただきました。

この桧の板はきれいに使ってもらって喜ばれて幸せな板だなというのが私の感想です。

そして普段の当社の仕事とは少々異なるわけですが、木の事を話題にして色々な話ができるし、その間の時間の流れがゆっくり感じられるのが不思議ですし、うれしいです。

Oさんありがとうございました。

池田浩康

 

 

 

 

 

 

カテゴリー : イベント
2017.10.28 11:20

夢さん橋で来店いただいた方からご依頼がありました。

ベッドの隙間を埋める箱を作ってほしいとの事です。

ベッドと壁、ベッドとベッドの隙間を埋めて大きなマットレスを敷き、大きなベッドにしてお子様と一緒に寝られるようにするのだそうです。

せっかくですので杉の板を3枚使って箱を作りました。ベッドに横になった時に少しだけ杉の香りがするのではないかと思っています。感想をいただくのが楽しみです。

池田浩康

カテゴリー : その他
2017.10.15 11:47

今年の夢さん橋ではリモデル事業部の新しいパンフレットを配りました。

リモデル事業部スタッフの「得意」と「大事」を紹介しています。お客様へのご挨拶や近隣挨拶の際にお渡しして、当社の考え方やスタッフの人柄をお伝えできればと思います。

以下パンフレットのごあいさつです。

私たちリモデル事業部の仕事は、家の機能を維持・改善すること、暮らす人の求める家に直すことです。

家は自然環境から私たちの生活を守ってくれています。家についているたくさんの機能は私たちの生活を便利にしてくれています。風雨にさらされれば劣化しますし、毎日使えば壊れます。ずっと新しいままというわけにはいきません。

ですから、いつも正常であるように定期的な保守点検、修理、交換が必要です。

家に暮らす人もずっと同じではありません。その時々で求める暮らしが変わります。

ですから、その時の家族が求める暮らし、わくわくする家に直すことが必要です。

私たちは多くの家の維持・改善、家族の暮らし直しに関わってきました。暮らし直しの相談をしている中で、私たちのちょっとしたアイデアに「そんなことできるの?」とお客様が身を乗り出されることがあります。思いもしなかったアイデアにお客様もわくわくしますが、提案した私たちもわくわくします。

お客様はそのアイデアがある暮らしが思い描けたのでしょう。実際に出来上がって本当に喜ばれます。

このような経験が私たちのアイデアの蓄積、そして大きな財産になっています。

私たちの事務所にはゆっくり昇り降りできる階段があります。毎日の昇り降りが気にならないほどです。

歳を重ねてからの暮らしでも、風と光と季節を感じる2階で過ごせる家にするためのアイデアです。

私たちにはほかにもたくさんのアイデアがあります。

お客様にわくわくするアイデアとそれのある暮らしを提案するのが私たちの仕事のひとつです。

人は家が大事です。健康で安全で快適に暮らせる家が大事です。

私たちはこの大事な家に関わることで多くの人に貢献したいと思っています。

池田浩康

カテゴリー : その他
2017.10.15 10:39

今年で30回目を迎えた大崎駅の大イベント、しながわ夢さん橋に出店しました。

今年で3回目の出店です。

各地の物産やおいしい食べ物を楽しみに訪れる方が多いイベントですが、当店は「こっぱっぱ」や「大人向けのワークショップ」で木に親しめる店として少しづつ認知されてきています。

今年は「かんな掛け体験」を加えたところ、子どもたちだけではなく、大人の皆さんにも「するするっと」削れる手応えと削りたての桧の香りに大喜びしてもらえました。

昨年までの2回は「ちいさないす」など、大工の技術を見ていただくものを販売しました。

今年は「木」そのものを販売してみました。

「木」を「板」「やキューブ(正立方体)」にしてみました。多くの方が手に取って、重さをや大きさを感じて、次に匂いをかいで、1個、2個と買っていかれました。

ただ置くだけ、スピーカーの下に敷く、重りにする、マウスパットにする、お皿に、コースターに、匂いを楽しむなどなど。使い方はそれぞれあるようです。

そして「木の板」そのものを売ってみました。長さは2メートルくらい、幅は15センチから25センチくらい、厚みは12ミリから45ミリ、杉と桧、製材したままのものと荒削りしたものです。すべて青梅市成木の中島林業が大事に育てたものを製材したもので当社の在庫の一部です。

3日間で8枚の板が売れました。

昨日そのうちの1枚を買っていただいた方が来社されました。その板を使ってワインセラーの上のカウンターを作りたいというご希望です。桧の製材したままの板、長さ2メートル、幅25センチ、厚み45ミリのものです。1枚1.900円です。

加工手間賃と追加の部材費をいただいて希望の形に整えることになりました。仕上げの塗装はご自分で当社地下の作業場で行います。

卸売りでお付き合いしているリフォーム会社や工務店のお客様、リモデル事業部でお付き合いしているお客様と違う、当社にとっては新しいタイプのお客様とのお付き合いの始まりを感じるやりとりでした。

今年はこんな手応えを感じられた「夢さん橋」になりました。

池田浩康

 

 

カテゴリー : その他
2017.7.15 11:10

JERCO(日本住宅リフォーム産業協会)主催の講習会を聴講しました。

「暑い夏の最適リフォーム提案は遮熱対策と通風活用で決まり!」という内容です。

窓のCMでおなじみのYKKAP㈱商品開発部の宮川室長、鹿児島大学工学部建築科二宮教授が講師です。

話を聞いてそうなんだと思った言葉を羅列してみます。

①換気は空気質の改善に役立つ、通風は温熱環境の改善に役立つ

②欄間(らんま)は風の通り道(通風)には効果的

②東京では夏は海から、冬は海に向かって風が吹く

③家に入ってくる熱の74%は窓から、出ていく熱の54%は窓から(断熱がしっかりされている住宅の場合)

④人間は寒さより暑さに耐えられない 平均体温37度 上限41度、下限28度。

⑤人間の代謝エネルギーは冬は体を温める効果がある、夏は熱を捨てられないために体から熱を捨てられない状況。

⑥東京では40日/年間が夜間最低気温25度以上の熱帯夜

⑦高齢者の家の中での熱中症の原因は、トイレに行きたくないので水を飲まない、冷房が嫌いなので(電気代がかかるので)エアコンをつけない、防犯のために窓を閉め切っているなど。

⑧マンションなどの集合住宅より、木造の住宅やアパートの方が睡眠障害の人の割合が多い

⑨日射の遮蔽は窓の内側での処置より窓の外側での処置の方が効果が大きい

話を聞いてみて私達ができそうなことを思い浮かべました。

①家の中の整理の助言、不要物の処分のお手伝い、家の中をすっきりして風通しの良い環境を作ること。家の現状を分かりやすくすること。

②すっきりしたところで建物の性能が劣化したり充分ではないところを改善すること。窓の開閉の不具合や破損の修理・交換、床下や壁、天井、屋根裏の断熱の確認・是正、換気扇やエアコンの点検・修理・交換、熱を出す電球の交換など。

③窓や床、壁、天井の断熱化をすることでエアコンの効果を上げ、少しの電気代で涼しい環境を得られるようにする。

防犯を気にしなくて良い形で通風できる窓にする。

窓の外に葦簀(よしず)や簾(すだれ)などが取付けしやすい環境を作る。

まずは家の中の片づけをすると、風遠しだけではなく、家の中でのつまづきなどの事故対策にもなると思います。

高齢の方だけではなく、若い世代も同じだと思います。

池田浩康

 

 

 

カテゴリー : その他
2017.7.12 09:31

当社の加盟しているパナソニックの住まいパートナーズと提携している三井住友トラスト・パナソニックファイナンスが9月30日までのご契約の対象工事に対してリフォームローン金利0%の

キャンペーンを行っています。パナソニックが金利を負担してくれる仕組みです。

エコキュート、IHクッキングヒーター、食器洗い乾燥機、レンジフードの特定機種の入れ替え工事に適用されます。

ご活用下さい。

池田浩康

カテゴリー : その他
2017.7.12 09:09

当社では 三井住友トラスト・パナソニックファイナンスのリフォームローンを取り扱いしています。

ご用意のご資金に少し加える形でご利用いただいている方が多いようです。

固定金利型ですが、お申込みの月毎に金利が変化します。今月の金利をお知らせします。

ご活用下さい。

池田浩康

カテゴリー : リフォーム
2017.7.11 14:03

品川区では、品川区民が品川区内の施工業者に区の求める改修工事を含む工事を依頼した場合、最大20万円を助成をする制度を設けています。

当社では品川区内での工事依頼に際しては、積極的にこの制度をお客様に提案して申請していただいています。

詳しくは品川区のこの事業のホームページ、または区役所や地域センターに置いてあるパンフレットをご覧下さい。

今までの経験からすると、品川区の求める要件はごく当たり前のものが多く、品川区民であれば、どなたでも助成対象になりやすいと思います。

賃貸住宅個人オーナーやマンションの管理組合を対象に100万円の助成を行う制度もあります。

池田浩康

カテゴリー : リフォーム
2017.6.16 15:10

私の従兄のご友人で長らくお付き合いさせているOさんからリビングの壁面の整理を頼まれました。

「窓があったり、配線があったりしてまとまりがないので何とかしたい。」というご希望です。

棚の新設と窓を隠すことですっきりするように提案しました。

ご自分が歴代乗りついだ車のプラモデルを飾られて満面の笑顔のOさん。 喜んでいただいて私もすっきりいい気持ちです。

池田浩康

カテゴリー : その他
2017.5.8 14:26

このブログの「リモデル事業部の新事務所紹介」や「わくわくミーティング」で書いた「ゆっくりの階段」ってどんな階段なの?という問い合わせをいただきました。

図面を添付します。

一段一段の上がる高さは変わりません。踏むところが1.5倍くらい広くなっていて階段全体がゆっくりに感じます。

狭小住宅の多い品川の古い家では2.73m、あるいは0.75坪の階段スペースで2階まで上がるように作ってあるものが多く、急な階段になっています。比較的新しい家でも、3.64m、あるいは1坪の階段スペースで上がるように作られています。

2倍の5.46m、1.5坪の階段スペースで上がるとゆっくりした階段になります。

その分部屋や押し入れなどは少なくなります。

お子様方が就職や結婚などで家を出られて、ご夫婦お二人暮らしになるなどの機会に2階の日当たりのよいスペースを日常的なところにするのはよくある話です。

その際に押入などを減らして階段スペースにして、ゆっくりな階段にしておけば、歳を重ねられた後も楽に2階に上がることができる階段になります。

当社のリモデル事業部の事務所にそのような階段を作ってみました。実際に上り降りしていただくことができます。

池田浩康