カテゴリー : その他
2018.6.10 11:20

今年のはじめ頃に、「木の端材をもらえませんか」とお店に見えて方がいらっしゃいました。木彫りをしていてその材料が欲しいとの事でした。作業場にある廃棄箱の中にあるものを見ていただき、数点持ち帰られました。

そんな事はすっかり忘れていた5月に、その方からメールをいただきました。ねこの木彫りを作ったので見てほしいとの事でした。

再び来店され、持参されてきた木彫りを見てびっくりしました。よくできたきれいな杢目のねこがいました。美しいといった感じでしょうか。

その方は西品川のマンションにお住まいで、定年後、いろいろな木でいろいろなものを掘る事をライフワークにされているそうです。

ねこを掘った木は、米栂と言って主に家の構造材にも使用されるものでした。今回は米松やタモ、ラワンなど別の樹種の材料を持って行かれました。今度はどんなものができるのでしょうか。

当社が10月に出店予定している夢さん橋にも一緒に出ませんかとお誘いしています。

森の木の出口が又一つ増えたようです。

池田浩康

 

 

 

 

 

 

1