カテゴリー : その他
2017.4.17 17:06

一昨年の秋から「わくわく」するミーティングに参加しています。仕入れ先の床材メーカーさんが主催していて、当社と同じく「住宅リフォーム」を提供している会社の皆さんが集まり、自分の事例を発表しあって「わくわく」するミーティングです。

「子供が生まれるのを機会に実家で同居することになった」、「子供が就職するのを機会に夫婦二人暮らしになる」、「介護していた親が施設に入ることになった」・・・など生活の変わり目がリフォームをしようと思うきっかけになることは多いと思います。これをライフイベントと呼び、ライフイベントのあるお客様にベターな生活を提案する事を主にして「住宅リフォーム」を提供している会社の方のお話を聞きました。

よくよく自社のリフォーム(特に大きなリフォーム)の受注経緯を考えてみるとなるほどと思います。「当社でも子供部屋を二つに分けたい」、とか「使わなくなった部屋を賃貸用にしたい」とか、「中古の家を買った」などライフイベントをきっかけにしたリフォームをお引き受けしています。

おととい「わくわくミーティング」の帰り道、10年程前に耐震工事をして以来お付き合いさせていただいているUさんにお会いしました。いつも勤務先の下のコンビニ前の喫煙スペースでたばこを吸われているので、ときたま通りかかりにお会いすることがあります。高齢の叔母様と同居されていて、耐震や浴室、階段などの手すり取付など叔母様が安全に快適に生活するための改修を依頼されてきました。その叔母様がとうとう施設に入られたとの事。ひとり暮らしで使わない部屋ができてしまったという話になりました。ご自分も足を悪くされているので、急な階段(品川ではよくある9尺で上がる階段)で2階に上がるのがおっくうになり、2階の部屋の使い勝手が悪くなったのかもしれません。一部屋減らしてゆっくり上がる階段を作る話をしてみたところ、「そんなことできるの?」と興味を示してくれました。

「そんなことできるの?」とお客様も「わくわく」されますが、言われた私たちも「わくわく」します。

生活の変わり目に「わくわく」するリフォームを実現するのは多くの人たちの望みだ。そのための手段として、耐震とか断熱とか省エネの技術とか最新の設備機器があり、たくさんの人たちの生活の変わり目に接してきた当社スタッフの技術と長年の経験がある。

これを多くの皆さんに提供するのが当社の役割だ。そのための当社の存在発信が必要だ。

そのように感じた「わくわく」ミーティングの一日でした。

池田浩康

 

カテゴリー : その他
2017.4.8 17:27

リモデル事業部の事務所を移転しました。

今まで本社から東急池上線戸越銀座駅方向に3分の場所を事務所としていました。スタッフの事務作業のスペースのみでお客様や協力業者様、仕入先様との打ち合わせは本社で行っていました。

新しい事務所は本社からJR山手線大崎駅方向に5分程にある小さな一軒家をお借りして開設しました。2階にスタッフのスペース、1階にはお客様や協力業者様、仕入先様との打ち合わせスペースを作りました。

打ち合わせスペースは10帖分程の広さで、移動式家具と机で2分割できるようにしました。10人程度座れます。壁には耐震補強の見本を、床にはライブナチュラルプレミアムという天然木無垢材挽板を使ったフローリング、テーブルの天板には東京青梅の杉と桧がご覧いただけるようにしています。

トイレの入り口は、約1m程開口できる引戸を設置し、広く感じるトイレにしました。

2階スタッフスペースへの階段は、通常より階段スペースを長く広げて、ゆっくり昇り降りができる階段にしました。ゆっくりの階段は、当社からの快適な住まいの提案のひとつです。是非体感しみて下さい。

打ち合わせスペースでは、今後イベント的なこともしたいと思います。住宅地(品川らしく両隣とは1m位しか離れていません。)なので静かなイベントを考えています。

リモデル事業部スタッフはフレキシブルに業務していますので、この事務所は非常駐となっています。その為、住所の表示を行っていません。あしからずご了承下さい。

お越しの際は、当社スタッフとあらかじめお約束いただければ幸いです。

リモデル事業部のスタッフも念願のお客様とゆっくり相談させていただくところができ喜んでいます。これを機会に今まで以上の快適な住まいの提案をさせていただきたいと思います。

一層のお引き立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 池田浩康

リモデル事業部スタッフ一同

小野晴司 小向勇二 柴田恵理 門﨑敏治 浜田仁 氏家陽治

*電話番号 03-6417-4397 FAX 03-6417-4398 に変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

1