カテゴリー : その他
2018.5.6 11:59

古民家再生の民泊に泊まりました。 新潟佐渡で古い建物を利用して、12帖ほどの部屋にいろりのついたゆったり空間です。窓の外には雉や燕や鳶、時には朱鷺(とき)が舞い降りる緑の田畑が広がっています。 横浜在住の大村さんご夫妻が、建築士のご主人の設計で、奥様の実家の建物をリニューアルしたもので、これから民泊にしていきたいと考えてらっしゃいます。 私は都内の仕事ですので、古民家再生に触れる機会もなかったのですが、今回宿泊する機会を得ました。 元の建物の柱や梁をきれいに表しながら、それらの柱や梁が新しく基礎から造った構造と一緒に建物を支えている様子がわかります。 夜に寝ながら下から見上げると、かつての家人が見上げたのと同じ梁が、同じ役割を果たしていました。 当社ウッドコミュニケーション事業部担当で、私の家内の三和子さんが大学の公開講座で大村さんの奥様と知り合いになり、今回宿泊する事になりました。 ご主人と私も建築士であること、同じ大学(私は商学部出身の二級建築士ですが)で歳も1歳違いと共通することが多く、話がつきませんでした。 又、朱鷺保護に代表される自然保護活動や佐渡金山の歴史、産業遺構など佐渡を知る事ができる機会になりました。

池田浩康

1